learn

初めて介護施設(ショートステイ)で1ケ月のあいだ働いた感想

介護の仕事には興味あるんだけど、とっても大変だと聞くんだけど、実際はどんなところが大変なんだろう?給料なんかも気になるな

こんな悩みをお持ちの方には私の体験をもとに解決いただくことができますので、ご覧ください。

 

私は、専門ブロガーとして今年より活動始めましたが、分かっていたものの、あまりの収入の少なさに、半分ギブアップ。副業として介護の仕事を始める事にしました。

あくまで、介護の仕事は本業のブログを妨げない程度の副業で収入の足しですので、それほど長い時間働いてはいませんが、体験して分かった事をブログで書いていこうと思います。

 

初めて介護施設(ショートステイ)で1ケ月のあいだ働いた感想

4月より介護施設で介護の仕事をさせていただいて、1ケ月が経ちました。この間の仕事の感想を一言で言いますと・・・

思っていたよりも楽勝な仕事だった

まだ一ケ月しかやっていないですし、勤務の時間もあまり多くはないのですが、1ケ月間介護の仕事をした感想は正直言って思っていたよりは楽勝でした。

「一ケ月で何が分かるんだよ?」や

「介護の本質がわかっていないんだろ?」

「素人だからできてないだけだろ?」

もちろん色々な批判もあるかもしれませんし、初心者のくせにあるまじき感想なのですが、正直思っていたよりつらい事はありませんでした。

 

介護施設での仕事を始める前のうわさや感想

もちろん介護の仕事を始めるにあたっては、仕事のうわさなどを調べてみました。そこにはあまりいい事は書いていませんで、ネガティブな発言が多かったことも事実です。

介護のネガティブなうわさ

  • 低賃金で重労働な仕事
  • うつになり易い、底辺の仕事
  • 3大介護はとても大変

仕事を始めるにあたって面接に行った時には、3大介護(食事、排せつ、入浴)の仕事はとてもたいへんであったり、よく希望されましたね、なんて言われたので正直言うとビビってしまいましたがやってみると大変なことはあっても、つらい事は全くありませんでした。

 

一ケ月間介護の仕事を実際に行った感想

辛い事は全くなかった介護の仕事ですが、介護の仕事の初日から一か月間どんなことをやったかを紹介したいと思います。

  • トイレ誘導
  • 食事の補助
  • 入居者の私物の管理
  • 口腔ケア

今回は一ケ月の間に行った仕事の中で印象に残っている4つの事について解説したいと思います。

介護で重要なトイレ誘導

尿意や便意を自分で感じて自分でトイレで要を足すことができる人はいいのですが、自分で感じる事ができなかったり、トイレに行くことができない人もいます。そんな人には一緒にトイレにいって、できない事を手助けします。

車いすの人は短時間立つことはできても、ズボンを下すのが難しい人が多いのか、この仕事は多いです。

食事の補助

手を動かすことができずに、食事を一人でできない人にはスプーンで食べ物を口までもっていきます。もちろん施設にもよるでしょうが、私の施設では20名程度の入所者の中で一人だけ自分で食べる事が全くできない人がいます。

この人は嚥下能力も低い為、汁物にはとろみなどつけて誤嚥を防いでいます。これは介護初めての私には全くなかった発想でしたので、勉強になりました。

入居者の私物の管理

私はショートステイの施設で働いていましたので、特別かもしれませんが同じ人が頻繁に入居されたりします。入居者の私物は一度全部を確認した後、個人の部屋に持っていきますが、認知症などで管理ができない人の荷物は施設で管理します。

これも、仕事を始めるまでは想像できなかった仕事の一つでした。

口腔ケア

入れ歯をあまり見たことがなかったので、結構みんな入れ歯が多いんだなと言う感想もありましたが、入居者の歯磨きなど口の中のケアの手伝いをしました。

介護の仕事をして戸惑った事

介護の仕事を一ケ月間行って戸惑ってしまったり、びっくりしたことを紹介します。

  • 入居者の名前がわからない
  • おむつは聞いたことあるがパットって?
  • 排せつの補助でびっくり
  • 要介護の高い人は大変

これらは、私が一カ月間介護の仕事をして大変な思いをしたことですので、紹介します。

入居者の名前が分からない

入居者のテーブルには名札を付けるのですが、認知症で破いたりする人には名札をつけていませんでしたので、最初は名前を覚えるのには苦労しました。

車いすに名前つければいいのに、とは今でも思っていますが、名前を憶えていないのは私ぐらいなので、そもそも必要ないのだとも思いました。

おむつは聞いたことあるが、パットって何?

おむつは聞いたことありますし、知っていますが、パットって何?と思いました。おむつの中に敷くもので、排せつが漏れないように吸収を助けるもので、これは便利なものだ、とひどく感心しました。

 

排せつの補助でびっくり

働き始めて2日目だったと思いますが、寝たきりの人のおむつ交換で、便の多さに戸惑ったというか、正直吐き気を催してしまいました。直ぐ気を取り直して何とかうまく処置できたのですが、少しびっくりしてしまいました。

2度目以降はもうびっくりしないので、ちょっぴり寂しいです。

要介護度の高い人の介護は大変

要介護度の高い人の介護は大変です。更に大柄の男性であれば、女性の多く働く職場ですので、もうかわいそうなくらい大変です。

自分で全く立てない人をベッドから車いすに移動させるだけでも、最低ふたり掛かり。私がいない時には3人で車いすに移動させているようです。

もし、要介護度の高い人ばっかりが入居してきたら、間違いなく介護崩壊だなと強く感じました。

 

介護施設での仕事はつらい事が無かった

介護施設での仕事は大変なことはあったけど、つらいという感想はありませんでした。

あれ?と言うことは仕事に真摯に向き合っていないだけかもしれない、とも思いましたが、どうなんだろう?

ただ、仕事やっていて、問題点や色々工夫したいことも多くありますので、これからあまり出しゃばりすぎないように職場の改善をしていきたいと思います。まだ新人ですし、特に資格も持っていないので出しゃばると間違いなくたたかれると思っています。

絶対に先輩の反論はせずに、はい、わかりました。を連発してうまく立ち回りたいとも思っています。

-learn

Copyright© hyakublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.