自衛隊

中卒の人にこそ自衛隊に入隊して勤務することを進める理由

2020年3月30日

こんにちは、今回は自衛隊に15歳で入隊して24年間勤務しました私が、自衛隊は中卒で、高校や大学にいってなくても、なんら不利な点が無いことを説明します。

 

あー、自衛隊は国家公務員だし 高校さえも中退した俺じゃ、どうせ全然出世もできないだろうな、フリーターやってる方がいいかもな

 

なんて悩みのあるひとは、ぜひこの記事を読んで悩みを解消していただきたいと思っています。

自衛隊は中卒でも高学歴の隊員とまったく同じに扱われます

結論から言いますが自衛隊は中卒の方に特におすすめの職業です。そして、勤めるごとに毎年月収が8000円近くアップしていくので、派遣やバイトと比べること自体がナンセンスです。

入隊後15年程度で年収は500万円を超えてきますので、低学歴の方にこそ自衛隊はおすすめしたい職業の一つです。

 

中卒の人こそ自衛隊に入った方がいい理由

ひょっとしたら、あなたはこれまで学歴のことで少し不利を受けた経験があるかもしれません。確かに巷の求人では最終学歴が高校以上のものが非常に多いです。

あなたが実際に仕事ができるできないなど関係なしに、最終学歴を採用の要件に入れている仕事なんかは、正直言ってただのブラック仕事ですのでやらなくて正解です。

高校を中退したり、そもそも高校言っていないなどの人で仕事に困っている、若しくは給料に満足できていない人は自衛隊に入りましょう。

中卒の人が自衛隊に入った方がいい理由

  • 毎月お金の心配をする必要がない
  • 仕事的に安定している
  • 学歴なんぞ関係ない、採用試験でほぼ決まる
  • 入隊後は横一列でスタート

すぐ思いつくだけのメリットでもこれだけあります。それぞれの理由を詳しく説明していきましょう。

自衛隊に入隊すれば中卒でもお金の心配をする必要がない

あなたはこれまでお金の心配をしたことがありますか?おそらくあるはずです。私は中学卒業後、少年工科学校に入隊しましたので、バイトの経験もなく、正直お金の心配をしたことは全くありません。

現在日本人の自殺原因の1位が金銭問題である事を考えると、お金の不安はとても大きいものだという事は私にもわかります。それが自衛隊に入隊すると、全くなくなってしまいます。

それは何故か?自衛隊は「給料ゼロでも生きていく事ができるから」です。

自衛隊では、入隊すると駐屯地(基地)の中で生活します。そして普通に生活していれば必ずかかるはずの

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費・水道代

が無料で生活できるからです。給料はすべて小遣いなんです。一般曹候補生で入隊すると、17万円手取りは15万円くらいかもしれませんが、すべて小遣いです。何に使ってもいいですし、賢明な人は貯金します。

あなたは今、自由に使える小遣いは月にいくらですか?これを考えれば自衛隊に入らない理由はもはや思いつかないといっても過言ではありません。

自衛隊は国家公務員なので中卒の人でも安心して勤務できる

中卒のあなたでも、入隊すれば関係ありません。絶対に潰れる事のない国家公務員ですし、リストラされた自衛官は今まで0人です。そしてこれからもリストラされる隊員など出てくるわけがありません。

仕事が安定してくると心が安定するものですし、あなたのストレスはなくなっていきます。将来の不安がない生活は自分の生活に新しい目標を作らせ、充実した毎日を過ごすことができます。

将来の不安がなくなれば、自分の能力を向上させるために自分磨きしかできなくなります。

 

自衛官は採用試験でほぼ決まります

自衛官は採用試験で、その後の自分の階級がほぼ決まります。合格すれば学歴なんぞ全く関係ありません。ここでまず中卒の人が受けられる採用試験を紹介します

  • 一般曹候補生
  • 自衛官候補生

この二つの試験から毎年8千人近くが入隊します。正しくは航空学生などレベルが高い採用試験も有りますが今回は、割愛します。詳しく採用試験の事を知りたい方はこちらの記事からどうぞ。

自衛隊の入隊試験に関するまとめはここが一番

ご覧いただきありがとうございます、私は15歳で自衛隊に入隊し40歳前に脱サラしました。   今回は自衛隊のHPでは見づらい試験の一覧や また陸自HPでは書けない裏話もまとめて紹介させていただ ...

続きを見る

この二つの採用試験は実は高校生を卒業した人も同じように受けます。高校生もほとんどこの試験から入隊するので、もはやこの時点で中卒、高卒の違いはありません。

では大学を卒業した人はどんな試験をうけるのでしょうか?大学を卒業した人のみ受験する事の出来る試験は

一般幹部候補生

の試験が加わります。ですがこの試験は毎年300名程度の採用人数で多くの大学生はこの試験に落ちます。結構難易度の高い試験で、偏差値的には60でも合格できないくらいです。

そしてこの試験を落ちた大学卒業の人たちは

  • 自衛官候補生
  • 一般曹候補生

この二つの試験を受験します。こうなれば、もう学歴は全く関係ない事が分かります。一生懸命高校と大学7年間勉強してきても、一般幹部候補生試験に不合格となれば、中卒の人と大して変わらない、これが自衛隊の採用基準です。

これで、大卒も高卒も、中卒も横一列となりました。確かに大卒でないと一部の試験は受験できませんが、めっちゃ難しいのであきらめるのも一つの前向きな考え方です。自分のフィールドで最善を尽くしましょう。

入隊後はホントの横一線

採用試験で入隊が決まれば本当に横並びで、給料も一緒です。正しくは大卒の一般曹候補生は1号俸高いので2000円ぐらい高いです。まー我慢しましょう。

入隊後に教育隊での勤務を終えたのちは、それぞれ採用試験毎の選抜試験を受けて合格すれば、曹に昇任する事ができます。もちろん学歴は関係ありません。

中卒の人が受けるべき採用試験は?

中卒の人は一体どの試験を受けるほうがいいのでしょうか?2個の採用試験を比べてみましょう

  • 自衛官候補生
  • 一般曹候補生

この試験はどちらも、選抜試験を受けて合格すれば曹になれるとなっています。だとしたらそんなに違いがないような気もしますが、本当のところは・・・

  • 自衛官候補生の試験から入隊してもほぼ曹にはなれない
  • 一般曹候補生の試験からはほぼ全員曹に昇任する

実はこの二つの試験を見誤ると大きくその後の自衛隊人生を見誤ってしまいます。

曹になって定年まで自衛官を続けたい人は意地でも一般曹候補生から入隊しなければなりません。

最悪は自衛官候補生で入隊した後に、一般曹候補生になる事もできます。

自衛官候補生から一般曹候補生を目指した方がいい本当の理由

15歳で自衛隊に入隊して、24年勤務させていただきました私が解説させていただきます こんな方におすすめ 自衛官候補生として勤務しているが、一般曹候補生にも興味がある 子供や知り合いに自衛隊入隊を勧めた ...

続きを見る

 

 

採用試験の対策を練ろう

ちょっと心配にもなったはず。そうです、あなたは大卒高卒の人と採用試験を競わなければなりません。

まーでも、俺はもともと勉強より体力勝負だからな、自衛隊にはむいてるぜ

と思っているかもしれませんが、残念ながら採用試験に体力は全く関係ありません。学力がすべてです。ですが安心してください、そんなに難しいものでもありません合格しても入隊しない隊員が多いので一見倍率は高いのですが、努力できるならば合格できます。

一般曹候補生の採用試験で失敗しない唯一の勉強法を知りたいですか?

自衛隊一般曹候補生採用試験の難易度や勉強法を解説 自衛官の採用として年間最も多くの隊員が入隊する試験がこの「一般曹候補生」です。 現在、年間2回の採用試験が実施されておりたくさんの自衛官が採用されてい ...

続きを見る

中卒こそ自衛隊に入隊したほうがいい

中卒の人でも、努力できる人は自衛隊に入隊してください。試験のレベル事態はそれほど高くありません。自衛隊で必要とされている人材は、頭が良くて優秀な隊員ではなく、

毎日少しづつでも努力を続けられる隊員です

これをご覧になって自衛隊に入隊を決意されて、今すぐ努力されることを願っています。

-自衛隊

Copyright© hyakublog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.